お金

20代から始める資産形成

自己資金以上の資金を投じられるのが、マンション投資です。効率的に資産を形成でき、豊かな人生を歩めます。ワンルームマンションであれば自己資金0円でも始められるため、若い時から老後に備えることが可能です。節税効果が高く、毎年大きな黒字を得られるのもマンション投資ならではの特徴です。

Menu

手

3つの理由を確認しよう

ミニバブル崩壊後に一時期低迷していた不動産投資が再び注目されています。その理由は3つあります。今では個人も法人も不動産投資を前向きに検討しているため、不動産投資の人気はまだまだ続くものと考えられています。

マンション

現金を貯めておこう

投資マンションを買って不動産投資をしようと考えているのであれば、価格には十分に注意しましょう。今が安い時期なのか高い時期なのかを見極めておくことが大事です。安い時に買い、高い時に売却するのが大原則となります。

家

手軽に始める不動産投資

長生きそのものがリスクになってきている。老後の資金の準備をしていないと、予期せぬ出費に対応できなくなってしまう。そこで不動産投資でも評判になっているみんなで大家さんを検討したい。一口単位で出資ができるという手軽さで、毎月安定した配当金を受けとることができる。

家とお金

実物資産という魅力

海外不動産投資は近年注目されている投資方法です。実物資産であるので経済情勢に左右されにくく確実な資産形成とできる点、安定性の高い収入が得られる点、インフレに強い点、節税に役立つ点などが代表的なメリットです。

初めての不動産投資

家とお金

運用のテクニック

証券会社で購入可能な、ETFやインデックスファンドを活用するのが、資産運用のビギナーに最も適した海外不動産投資の手法です。しかし運用の効率性を高めるためには、将来性を重視して、コンドミニアムやオフィスビルの区分所有権を購入することも重要です。初めて海外不動産投資を行う場合には、現地の土地の価格や税制などについて知る必要があるので、まず最初に勉強会やセミナーに参加するべきです。更に現地視察ツアーで、人気のある物件についてリサーチするのが、堅実な海外不動産投資を実践するためのポイントです。ビギナーが海外で不動産を買うときには、国内でも知名度がある大都市のコンドミニアムの中から、割安な物件を発掘するのが理想的です。現地の事情にも詳しい不動産会社が提供する情報をベースにして、投資対象を思い切って絞り込むのが、安定した収益を確保するコツです。しかし10年後を視野に入れて、将来性のある不動産を手に入れたいと考えるビギナーの間では、成長が著しい新興国の物件も評判です。新興国の海外不動産投資では、信頼できる情報を集めることが一番の課題であり、現地の業者のサポートが不可欠です。日本語での対応も万全な現地の業者を見つけて、物件探しや入居者募集などの支援を受けるのが、新興国の不動産への投資を成功させる最善の方法です。入居契約の代行サービスや、賃貸管理のサポートも積極的に利用すると、投資の初心者でも継続的に賃料収入が得られるでしょう。

Copyright© 2018 将来のために考えておきたい不動産投資のススメ All Rights Reserved.