Menu

現金を貯めておこう

マンション

安い時に買おう

投資マンションで不動産投資をするのであれば、出口を意識しておきましょう。不動産投資の出口とは売却です。保有している投資マンションをいくらで売却することができるかで不動産投資の成果が大きく変わります。少なくとも購入価格を下回らない価格で売却できるように努力しましょう。投資マンションを購入価格より高い価格で売却するためには、不動産市況の流れを読んでおくことが重要です。安い時に買って、高い時に売るという基本的なスタンスを忠実に守らなければいけません。不動産投資で失敗する人の中には、投資マンションを購入する際に、価格が高くても、あれこれと購入すべき理由を並び立てます。このような購入の仕方をすると、その理由となった事象が崩れた時に、価格は途端に崩れ始めます。不動産価格が高いか安いかというシンプルな指標だけを見て購入と売却を繰り返していれば、失敗することはありません。不動産投資は積極的に攻める時期と、ゆっくりと休む時期が必要です。この時期の見分け方は、過熱感です。多くの人が不動産投資に興味を持っていたり、銀行や信用金庫が積極的に融資を進めてくるような時期は不動産市場が過熱していると言えます。このような時期には過熱を冷ます政策が取られる傾向にありますので、沈静化してからじっくりと物件を物色するとよいです。ゆっくり休んでいる時には、しっかりと投資資金を貯めこんでおきましょう。不動産投資をする際には、潤沢なキャッシュが大きな武器になります。

Copyright© 2018 将来のために考えておきたい不動産投資のススメ All Rights Reserved.