Menu

3つの理由を確認しよう

手

底堅い需要があります

中古ワンルームマンションでの不動産投資は今後も資産運用の一手段として底堅い人気を確保していくことが予想されています。その理由は3つあります。1つは不動産投資が安定的な収入を得る手段として確立されてきたことです。都市中心部の中古ワンルームマンションを保有すれば6万円から8万円の家賃収入を毎月得ることができます。定年までに3戸の中古ワンルームマンションを保有することができれば、年金の収入と併せ、約30万円程度の収入を確保することができます。このロジックに納得をして不動産投資をする人が増えているため、買ったら長期間に渡って保有する人が多いです。そのため、中古ワンルームマンションの価格が下がりにくくなっています。2つ目の理由は民泊の解禁です。中古ワンルームマンションの収入源として家賃以外に宿泊料を得るという選択肢が取れるようになりました。これにより、人口が減少している今においても、都市中心部の賃貸ニーズは底堅く推移するものと考えられています。3つ目の理由が不動産投資を運用手段として考えているのが個人だけではないということです。ここ数年、今までにない低金利が続いています。それまでは資産を安全に運用するために国際ばかり保有していた生命保険会社などの機関投資家が、運用資金の一部を不動産に振り向けるようになってきました。これにより、物件の獲得競争が激しくなっています。もしも、不動産投資を検討しているのであれば、早めに行動しましょう。

Copyright© 2018 将来のために考えておきたい不動産投資のススメ All Rights Reserved.