Menu

実物資産という魅力

家とお金

インフレにも強い

投資には様々なものがあり、リスクの大きさもリターンの大きさも様々です。海外不動産投資は実物資産が得られるというメリットに注目が集まり、近年人気の投資方法です。海外不動産投資は、その名の通り海外の不動産に対して投資を行うことです。日本はすでに人口減少が始まっており、住宅が余るという事態になってきています。日本国内での不動産投資は頭打ちであるという認識が大多数の投資家に共通してあります。それと比較して、海外ではこれから不動産需要が伸びる国も数多くあります。成長力のある国の不動産に投資すれば、非常に高いリターンを得ることも不可能ではありません。また、海外不動産投資では、実際に不動産を所持できるという点に大きなメリットがあります。株式やFXと異なり、経済情勢などに左右されにくく、安定した収入を得やすくなります。国内の不動産と異なり、海外不動産は価値が下がりにくいということも多く、家賃収入だけでなく売却利益もねらうことが可能です。実物資産であるため、万が一仲介業者が破綻しても、不動産自体の価値はなくなりません。リスクが低いというのも大きな魅力です。さらに、海外不動産投資はインフレに強いという特徴もあります。成長力のある国では往々にしてインフレに傾きがちなのですが、不動産はインフレヘッジ効果があるため、安全性の高い資産、投資商品といえます。ほかにも節税につながる、事前にリスクを回避しやすいなど様々なメリットがあります。

Copyright© 2018 将来のために考えておきたい不動産投資のススメ All Rights Reserved.