Menu

20代から始める資産形成

お金

自己資金0円でも可能

株式投資は、必ず自己資金で投資しなければなりません。信用取引で株式を担保にはできますが、担保にした株式には強い制限がかかります。それに対しマンション投資は、マンションを担保にできる上に自由にリフォームやリノベーションができる投資です。自己資金以上の資金でマンションを購入でき、効率的に資産を形成できます。また、入居率を維持する手段をいくらでも取れるため、いつまでも安定した家賃収入を得られます。豊かな人生を望まれているサラリーマンの方は、まずは始めやすいワンルームマンションを購入されてはいかがでしょうか。ワンルームマンションであれば、総額1500万円から2000万円で投資が可能です。自己資金は0円から100万円ほどでできるため、20代の方も始められます。また、減価償却費による節税効果が高く、毎年のキャッシュフローが高くなるのも魅力です。例え収支が1万円の赤字であっても、減価償却費を含めると大きな黒字になるのがマンション投資の醍醐味。しかも最初の1室目を担保にし2室目、3室目と投資を拡大できるため、着実に資産を形成できます。本業が疎かにならないのもマンション投資のメリットです。管理会社に管理を一任することで、時間も労力も一切かかりません。毎月の管理料は5000円から10000円と安く、利益率が損なわれる心配はありません。家賃滞納トラブルも管理会社に任せられるため、リスクが小さいのも魅力的です。

Copyright© 2018 将来のために考えておきたい不動産投資のススメ All Rights Reserved.